花屋は何を売るお店か考えてみる

花屋は何を売るお店か考えてみる

花屋になるために必要なこと、役立つ資格、資金とその用途のポイントなど長く書かせていただきました。最後に、花屋さんが売るものは何なのかを考えてみたいと思います。

「そりゃ花ですよ」

と仰るでしょうが、花屋を開業して長く愛されるお店を開きたいのなら、その答えでは50点です。質問を変えてみます。あなたが

  • 花屋を夢に描いた理由はなんでしたか?
  • 「花が売りたいから」ではないのではないでしょうか?

きっとお客様に喜んでもらいたい、花をみて幸せになってほしい、安らいでほしい。そんな答えがあるのではないでしょうか?それこそが、あなたのお店が他の花屋と何が違うのかを決定づけるコンセプトになると思います。あなたなりの感性で、経験で、思いで、お客様に喜んでもらえるお花を提供する花屋さんになってもらいたいと思います。